【日本で唯一のシルク・ド・ソレイユのパフォーマーが教えてくれた環境の作り方】

【一切のネガティブを断つ】
先日ご縁があってシルクドソレイユの
バックステージに招待していただく
機会がありました

S__14450782.jpg

バックステージから眺める
演者の準備の様子や
コミュニケーションのやり取り

卓越した個人集団がチームとして
パフォーマンスを発揮するための
一部を感じることができました

そして、日本人唯一のダンサーの
池田一葉さんとお話する機会もありました

演目の隙間毎に時間を割いていただき
パフォーマンスだけでなく
ホスピタリティにも長けた姿勢に
感動しました

印象に残った話としては
「一切のネガティブを断つ」という話です

池田さんはシルクを目指して10年以上を経て
合計8回のオーディションを受け
キュリオスという舞台で活躍しています

数々の非難や苦労があり
外部からのネガティブな刺激がある中
どうやってモチベーションを
維持したかというところで

池田さんは
「ネガティブな情報が入らない
ように自分で環境を作った」

と自分の経験を語ってくれました

自分の意志で、ネガティブを
ポジティブに変えることは大事ですが
分かっていても置き換えられない
ことがあったりするものです

だから実際にその要因になるものを
断った環境を自分で作り

自分のなりたい、やりたいに対して
よりクリアな状態にすること

夢に向かって突っ走れるように
実行したそうです

思い切って環境を変えるも一つ
今ある環境で思い切って行動を変えるのも一つ

強い想いさえあれば
環境は自分で作れる
ということです

体現した方から聞くと
同じ人間的な部分も感じ
言葉の重みも違いました

その他にも
シルクドソレイユの舞台を
夢見る大学生と一緒に話を聞いて

真摯に実現までの実体験や
その大学生に対して的確なアドバイス
を与える姿を見て

感動を与えるだけでなく
夢も与える仕事をしておるやないかと

めっちゃかっこいいなってなりました

夢を追いかける学生の姿も見ると
勝手に青春も感じてしまいました

他のパフォーマーとの話では
印象的だったのはベルギー出身の方と
ホッケーについての話がありました☀️

ベルギーでさえ今回のワールドカップの
優勝のインパクトが大きく
優勝して世界ランキング1位になった
ベルギーでしたが🇧🇪

優勝する前はさほど注目されている訳ではなく
優勝してから一気に注目されるようになった
ということが少し意外でした

それなりの結果では
それなりの注目のされ方ということ
結果の影響はやはり大きいということ

それなりの注目でここまで結果を出した
ベルギーはホッケーに対する
認知も変わり
更にサポートを受けられるように
なるんだろうと思います

これも間違いなく彼らが作った環境ですよね😳

僕自身も自分のなりたいに対して
突っ走れる環境作りを
目指していきます☀️

キュリオス の皆様、池田さん、貴重なお時間
本当にありがとうございました🙇✨

S__14450781.jpg

この記事へのコメント