【代表選手との格差?】

こんばんは🌙


昨日は

ホッケー日本代表の

試合を見て感じたことの中から

「2.状況把握とスキルの連動」

について書いてみました


今日は

「3.代表選手との格差?」

について書いてみようと思います



------------------------------

3.代表選手との格差?

------------------------------

日本のトップのレベルが上がることは

喜ばしいことではありますが


代表ではない選手層と比べて考えると

力の差が広がっていっているように感じました


日本代表になれば、

度重なる合宿があり、様々な情報が入ります。

この差は大きいです。


だからこそ日本代表を目指したい訳ですが…


日本代表と違う練習だから差があるという

言い訳はしたくないですし

言い訳できない時代でもあります


今は、気軽に情報に触れることが可能になり

自分自身も客観的に分析しやすく

世界レベルの試合も映像で入手でき

トップレベルの選手とも

繋がりやすくなっています


乖離が進むのは選手や指導者自身に原因があり

時間の使い方、行動を工夫すれば

十分に代表と同じレベル

それ以上のことも可能だと思います💪


よく本当に大事なのは

パリ五輪というのを耳にしますが


競争の意識を強く持って取り組んでしまうと、ホッケーの発展は難しいと思います


結果が出れば抜かれる不安に駆られたり

結果が出なければ劣等感に陥ったり

蹴落とすような発言が増えたり

悩むべきでないことに時間を割いてしまったり


本当にするべき行動と心が

伴わない事態が起きかねます


タイガーウッズも2005全英オープンの

優勝インタビューにてこんなことを

いっていました


「わたしは、ただただ相手のベストを願って、頑張れ!と応援していた」


お互いに良いパフォーマンスを

作ろうとする姿勢は


同じ「きょうそう」でも

 競争というよりは

まさに「共創」ですね🐒笑


東京五輪までは競争でも通用する部分もあるかもしれませんが

その先の発展は皆で「共創」することで

もっと明るくなると思います


次回はホッケーの市場について

感じたことを書いていこうと思います


ありがとうございました-----☀️


7D6C56C5-6A0E-4CAC-9632-F87E6BE4CAD4.jpg

この記事へのコメント