【興行要素と選手の役割 】

こんばんわ🌙

昨日まではスポーツの市場について
感じたことを書いてみました

今日は実際に会場に行ってみて
興行要素とそれぞれの役割について
感じたことを以下の内容で
書いていこうと思います

1.勝負とエンタメ
2.パフォーマンスとエンタメ
3.専門家の介入
4.商品として見る選手の立場
5.選手生活としての視座

-----------------
1.勝負とエンタメ
-----------------
スポーツは主に結果要素と
エンタメ要素で成り立っています

どちらもバランスが必要で
結果要素に偏ればワールドカップ予選の
日本対ポーランド戦の後半ラスト10分みたいな
現象が起こります

つまり、勝つことはできても
エンタメ要素を欠いてしまってファンが減ったり
ビジネスとしても難しくなったり
スポンサーがつきにくくなったりする
可能性があると思います

逆にエンタメ要素に偏れば緊張感がなくなり
練習内容も魅せるものに偏るかもしれませんし
勝負という意味での
パフォーマンスは下がる可能性があると思います

今回の大会は
代表レベルの真剣勝負に加えて
ホッケー教室や選手との交流
撮影会やハーフタイムの
ステージパフォーマンスなどの
エンタメ要素も観ることができました

今までの大会に比べて
二つのバランスが取れたイベントだと感じました

大会毎に見ても
国民体育大会、日本リーグは
どちらかと言えば少しエンタメ要素があり

インターハイ、大学王座決定戦
全日本選手権は結果要素なが強い感じがします

色んなカラーの大会がありますが
ゲーム中の選手による演出がほとんど影響すると思います

そのことを次回
「2.パフォーマンスとエンタメ」
について書いてみようと思います

ありがとうございました-----☀️

この記事へのコメント